不妊治療の種類 【女性】

不妊治療 AIH 体外受精 ギフト法

不妊治療 高度医療による治療
 一般的な不妊治療で妊娠できない場合は、次の手段として、
さらに高度な治療を選択するかどうかということになります。
このような治療は、保険が適用されないため、費用もそれなりにかかります。
料金システムなどを確認したうえで、夫婦でよく話し合い、
治療を進めるようにしましょう。

・AIH(配偶者間人工受精)
 夫の精子を、細いチューブで妻の子宮に入れる方法で、子宮頸管に
 異常がある場合などに行います。
 精子の動きが悪い、数が少ないなど、精子に異常がある場合は、
 状態の良いものだけを選別して使用します。

・体外受精
 排卵を誘発してから採卵し、選別した精子と受精させます。
 その後、受精卵を子宮内に移植し、着床させる方法です。

・ギフト法(配偶子卵管内移植方法)
 卵子と精子を体外に取り出すところまでは、体外受精と同じですが、
 それらを混ぜ合わせて卵管内に移植する方法です。

・顕微受精
 卵子と精子を体外に取り出すところまでは、体外受精やギフト法と同じですが、
 顕微鏡を見ながら、人工的に卵子の中に精子を入れて受精させる方法です。
 精子に異常がある男性不妊に対し、威力を発揮する治療方法として注目されています。

不妊治療の種類 【女性】

不妊治療 卵管通水法

不妊治療 卵管通水法
 
卵の通り道の詰まりをとったり、動きをよくする治療法です

卵管通水法は、滅菌生理食塩水を使って、軽い卵管の詰まりを取り除く方法です。

通気法は、炭酸ガスを使って、卵管の動きを改善する方法です。

不妊治療の種類 【女性】

不妊治療 注射による治療

不妊治療 注射による治療

 内服薬を服用しても効果がない場合は、注射によってHMG(下垂体性性腺刺激ホルモン)
という強い排卵誘発剤を使います。

不妊治療の種類 【女性】

不妊治療 薬による治療

不妊治療 薬による治療

 排卵障害がある人は漢方薬、クロミッドなどの軽い排卵誘発剤、
高プロラクチン血症の人はパーロデル、黄体機能不全の人は
黄体ホルモン剤などを服用します。

 男性不妊の比較的軽度な場合も、内服薬によるホルモン療法が行われます。

不妊治療の種類 【女性】

不妊治療 性交のタイミング指導

・不妊治療 性交のタイミング指導

 性交のタイミング指導は、基礎体温の状態を観察しながら、
排卵の時期を外さないようにします。
 非常にシンプルな治療法ですが、性交の時期を意識をするだけで
かなり効果があるものですよ。

不妊治療の種類 【女性】

主な不妊治療【女性】

主な不妊治療女性
 
・性交のタイミング指導
・薬による治療
・注射による治療
・卵管通水法

不妊治療 高度医療による治療
・AIH(配偶者間人工受精)
・体外受精
・ギフト法(配偶子卵管内移植方法)
・顕微受精

検査の状態を確認しながら行われます。病気が原因による不妊の場合は、
まずその病気の改善が優先されます。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。