不妊症の検査 女性

不妊症の検査 女性

 月経周期に合わせて、以下のようなさまざまな検査を行うため、
ひと通りの検査を終えるのに数カ月かかることもあります。

・初診時の基礎検査
・超音波検査
・ホルモン検査
・子宮卵管造影検査
・腹腔鏡検査
・頸管粘液検査
・ヒューナーテスト
・その他の一般的な検査



不妊症の検査 女性

不妊症検査・初診時の基礎検査

不妊症検査・初診時の基礎検査

 カウンセリングはプライバシーに関わる質問もありますが、
検査や治療に必要な、基礎的なデータを採るために行われます。

医師を信頼して正確に答えましょう。

また、基礎体温を1〜2カ月つけて持参すると、スムーズに検査が早く進みます。
 
主な質問項目は、年齢、結婚年数、性交の状況、避妊の状況、不妊期間、
妊娠・出産・中絶の経験、初経年齢、月経の状態、過去の病歴などです。
 
カウンセリングのあと、内診や、状況に応じて
身長・体重の測定、乳房のチェック、血液検査、尿検査などが行われます。

不妊症の検査 女性

不妊症 ホルモン検査

 不妊症 ホルモン検査

 必要に応じて、妊娠に関係する各種ホルモンの測定をします。
これによって、排卵の有無や排卵障害の程度がわかります。

不妊症の検査 女性

不妊症 子宮卵管造影検査

不妊症 子宮卵管造影検査

 子宮内に造影剤を注入し、X線で子宮の形や大きさ、卵管の状態を調べる非常に大切な検査です。

痛みをともなうこともありますが、これによって卵管の詰まりが改善されたり、
通りがよくなるという治療効果もあります。

 卵管造影に代わって、炭酸ガスによる通気テストが行われることもあります。

不妊症の検査 女性

不妊症 腹腔鏡検査・頸管粘液検査

不妊症 腹腔鏡検査
 必要に応じて、ファイバースコープで子宮や卵管の異常を検査します。

不妊症 頸管粘液検査
 排卵期に頸管粘液を取り、粘液の状態や排卵の有無などを調べます。

不妊症の検査 女性

不妊症 ヒューナーテスト

不妊症 ヒューナーテストとは
 性交後の、子宮頸管内における精子の状態をチェックします。
これによって、抗精子抗体の有無がわかります。

・その他の一般的な検査
 全身状態をチェックするために、血圧、尿タンパク、血糖、尿糖などの基本的な検査のほか、
子宮がん検診、貧血、風疹、B型肝炎、C型肝炎、トキソプラズマ、梅毒、クラミジア、

さらに希望する人にはエイズ(HIV)の検査もします。

不妊症の検査 女性

不妊症 超音波検査

不妊症 超音波検査 
子宮の形態や子宮筋腫・卵巣嚢腫の有無などを調べるほか、月経周期に合わせて、排卵の有無や卵子の発育状態のチェックが行われます。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。